2014年12月21日日曜日

一年に一度、近況報告を兼ねるとか生存報告。


1/1に日付が変わると同時に「明けましておめでとう」で埋め尽くされるTwitterや、グリーティングカードの添付付きメール。
サイトには門松デザインの扉ページが現れたりと、正月に向けての準備が進んでいると思います。

ネット向けの挨拶は、最悪大晦日でも間に合いますが、年賀状というとそうもいきません。

12月に入った頃に今年のデザインを考え始めますが、詰まっている仕事や忘年会などのイベントでズルズルと半ばを過ぎてしまってませんか?
「こんな写真を使おう、イラストも探してみよう」
そんな前向きな気持ちはどこへやら。

印刷に出すタイミングすら逃して、結局ありものの年賀状に、一言コメントを添えて大量の宛名書きに時間を費やす。

仕方ないのです。

やる気はあるけど、時間がないのですから。
やる気が出たその一瞬を逃さず、後回しにせず、サッと作れたら。

作れます。

業者に任せちゃいましょう。
一人で全部抱え込んでも、いいことありません。
餅は餅屋に。


2015年の落語会依頼始めました。
ライブハウス、飲食店、劇場関係者の皆さん。
お気軽にお問い合わせください。
特に来年は西日本と海外に力を入れていきます。

snsボタン