2014年12月21日日曜日

クリエイター。モノを作る仕事とブラック企業


トレンディドラマなんて言葉があった時代。

女性へのプレゼントと言えば、ティファニーのオープンハートのネックレスと決まっていました。
バッシュ(バスケットシューズ)がバカみたいに流行ったり、英字新聞柄のシャツをこぞって着たり。

皆が同じ物を求めて安心していました。

その頃と今では何が違うのか。
圧倒的な情報量です。

ネットという巨大な知識のクラウドへ気軽にアクセスできるのです。
全てが自分に合わせたカスタマイズが可能で、そのニーズに合わせてサービスも進化しています。

自分をしっかり客観的に見て、よりマッチするものを身に纏える時代です。
『こんなモノが!』
そういう商品が当たったりします。

自分勝手な発想が深く心を掴むのです。

今こそチャンスの時。

収入を時間や労力だけで判断していてると消費者のループからは抜け出せません。

時給に換算したら200円だけどね。

そんなクリエイターが大きく羽ばたいているのです。
まずは腕試し。
自分の作品を世に出してみるのはいかがですか?

snsボタン