2014年12月10日水曜日

高所得層から漂うある種の余裕と「こしらリターンズ」

復帰第一段、こしらリターンズにお越し頂きありがとうございました!
こんなに歓迎されるのは素直に嬉しいです。と同時にさらにモチベーションが上がります。
今日、成城ホールに来て下さった一人一人と、私と、ホールのスタッフの方々で作り上げた一度きりの舞台でした。
同じ話を研ぎ澄ませて、理想とする完成形に近づける。そういうモノは私にはできません。同じ話を数秒の狂いもなく台詞も一字一句違わず、同じクオリティーでやり続ける。
私はそこを目指してもダメだと、タオルの置き方から学びました。
他では味わえない、ライブだからこそ出来ることを追及していこうと凄く思いました。自分自信との戦いも大事かもしれませんが、まずは目の前で会場に足を運んでくれているあなた! と共に時間を作っていく事がなにより一番大事です。
朝から晩まで仕事をして、時間や金銭、精神的な余裕を私は持てませんでした。
私の場合は極端な例でしょうが、そんな中で会場まで足を運んで見に来てくれるというのはどういう事なのか。今一度深く考える事ができました。
本日は成城ホールにお越し頂きありがとうございました!
次回の成城ホールは1/9です。
またお会い出来ることを楽しみにしています。

snsボタン