2014年12月6日土曜日

寒空はだかソロライブ 「東京タワーの歌20周年記念」


スターパインズカフェで行われた寒空はだかさんのソロライブに行ってきました。
20年という歴史の重みに相応しい、重厚な内容です。
軽い駄洒落のオンパレードかと思いきや、そこに込められたメッセージ性の高さに、エンターティナーとしての類まれなる才能を垣間見まれました。

大事な所は、『垣間見れる』という所。

わかりやすい主義主張ではなく、雰囲気や空気で真実を伝えるという手法。
何でも便利に使える今のメディアにはない、受け手自身が想像力や理解力を駆使しなくては全貌が掴めないというステージングは今の時代だからこそ求められているのではないでしょうか?

笑いが多い内容ですが、音楽性の高さには目を見張るものがあります。
楽曲アレンジの秀逸さに「なぜ彼はミュージシャンとして活動しないのか」というプロの声もちらほら聞こえてきます。
あらゆる音楽ジャンルに精通しているはだかさんだから成せる技です。
爆笑や真空ギターの馬鹿馬鹿しさで誤魔化されてしまいますが、それこそがはだかさんの狙いなのかもしれません。

音楽を本当の意味で、音を楽しませてくれる。寒空はだかさんとは、これからも様々な意見を交わして行きたいと思っています。

「真空ギター」が実態を持って見えてきたら、立派な寒空はだか鑑賞の第一人者です。



snsボタン