2014年12月24日水曜日

心配掛けてたらスミマセン。



急にブログの更新を始めました。
「どうしたんだ」
「復帰後様子がおかしいぞ」
「一度食事しない?話聞くよ」
など、ブログに対する感想をいただきます。

きっかけは『審査が通らなかった』という事に関しての意地です。
少しムキになってしまいました。

これまでは、SNSにbotで予定を流して、たまに返信するぐらい。
後は、ネットで確認してね!
的なかなり大雑把で不親切な情報活動でした。

せっかく復帰するのだから、もうちょっと親切に親しみやすさが出るようなやり方をしよう。
そう決意してブログをはじめました。

Bloggerは何年も前から開設していたのですが、読んだマンガのレビューを2件載せていただけ。
ほとんど使っていない状態で放置されていたものを再利用。

「さあ、始めるぞ」

とメニュー項目を上から順に見ていくと『収益』というカテゴリーが目に入りました。
どう考えても金関連です。
しかも簡単に収入が得られる!
これはやらない手は無いだろう。誰もが思うでしょう。そう。私も思いました。

クリックしていくと、審査が必要だと表示されます。

googleとは、gmailがまだ招待制だった頃からの長い付き合い。
「審査なんて、俺ぐらいのベテランになれば形だけの審査でしょ。形だけオーディションしますっていう、出来レースのあれでしょ。あるある! いいよ、俺業界わかってるから。上手く演じるよ」
ぐらいの気持ちでいたら、

『審査に通りませんでした』

おい。話が違うだろ(最初からそんな話は無かったのですが)。どういうことだよ!
これから増やすよ。それぐらいわかってるだろ。今までの俺の行動見てればやりそうだぐらい想像付くだろう。復帰して心機一転なんだらから余計やるだろう。統計取れよ! 何の為にデータ集めてるんだよ! おい! 聞いてるのか!

怒っていても仕方ないので、調べてみるとコンテンツが足りないそうです。

いやいや、何年もマンガのレビュー2件載せてたじゃん。
いや。2件しか書いてないか。

よし! わかった。いっぱい書けばいいんだな。
ついでに収益とやらのアフィリエイトも、審査通る前に始めちゃうからな!

という経緯があっての事でした。

なぜ今告白したのかと言うと、『審査に通った』からです。
コードが引っかかってなければgoogleアドセンスが表示されているはず!
苦節22記事での達成です。

googleが粋とか野暮とか覚えるのはまだまだ先でしょうから。



ブログだけでなく、自分のサイトにも貼れちゃうgoogleアドセンスは便利。

snsボタン