2014年12月10日水曜日

能力と条件のバランス~ヘッドハンティングの必要性

自分の評価が適正にされていない。

そう感じる方は多いと思います。
私自身は誰かに査定される立場ではないので、日常で感じる不満はありません。
現状がそのまま評価に直結しているので、不満ならば何かを変えればいいのです。
立場的にもすぐに変えられます。

自分の活動するフィールドに何の不満もないのですが、そのままでいいのでしょうか?
ひょっとしたら、もっと自分を生かせる場所があるかもしれません。

自分の視野の広さに絶対的な自信がありますか?

答えはNOです。

求められているフィールドが無限にあるのに、現状に甘んじてチャンスを逃しているかも。
そう感じた時こそ行動する時なのです。

他団体からのオファーも柔軟に検討します!

snsボタン