2015年1月2日金曜日

コタツとミカンと立川流新年会


1/2は毎年恒例の立川流新年会です。

以前は根津神社から上野東天紅という流れでした。紋付き羽織袴の集団が根津神社に集まった時の光景は、今でも忘れられません。

その頃、私は真打ちではなく二つ目だったので、ギリギリ羽織袴で参加できました。
家元談志を筆頭に、貫禄のある先輩方の後を付いて回るだけでした。

談志師匠が亡くなってから、根津神社がお墓参りに変わりました。

談志師匠とはほぼ接点がなかったので、内情はわかりません。
あの頃のピリピリした空気は少し和らぎましたが、1/2という日に大先輩を前にすると、やはり気が引き締まります。

ダラダラ過ごす正月も悪くないとは思いますが、キチンと着物を着て背筋を伸ばして、一年の始まりを胸に刻むのも清々しいです。

そんな和服姿も、日本ではなかなか見ることが出来なくなりました。

しかし、海外では日本の文化が脚光を浴びています。

海外オークションサイトでは着物が沢山出品されていたりします。
日本国内より海外での評価が高いのは今に始まった事ではありませんが、まだまだ日本ブームは続きます。

着ていない着物があったら、海外に販売してみるのはいかがでしょうか?
国外向けに特化したショッピングサイトも簡単に作れちゃいます!

snsボタン