2015年3月15日日曜日

渋谷らくごで見た一之輔の弱点



今や飛ぶ鳥を落とす勢いの一之輔さん。
何処に行っても絶賛の嵐です。

一之輔がキライ

落語をキライと言っている様なもんです。
老若男女、日本人でなくても幅広く笑わせるその芸は、既にベテラン勢でも手に負えないレベルまで来ています。

向かう所敵無し。

二の線も三の線も自在に使いこなし、欠点が全く見えてきません。

本日のネタもまくらからの見事な流れ、ストーリーをしっかり押さえながらの、自由で大胆な発想。

落語=一之輔が出来上がっていました。

そんな彼の唯一の弱点は優しさです。
これは致命的なのです。
優しいというのは、普通褒め言葉ですが芸人には致命的です。

隙あらば足を引っ張ろうという輩がたむろする世界。
大きな優しさでそれを包み込もうとしていますが、それは簡単には叶いません。

楽屋でのため息の多さは、その苦労を表しています。

そんな一之輔さんの一ファンである私が、何の手も差し伸べない訳にはいきません。

戦う男には安らぎも必要です。

無農薬で育てたハーブティーは、傷ついた心と体をゆっくり癒やしてくれます。
自分の戦い方を貫く男にはピッタリの商品です。


snsボタン