2015年5月8日金曜日

渋谷らくご 鯉八という怪物



ふたりらくごという企画で、一席づつの二人会でした。
些細な言い方を積み重ねて大きなうねりを作り出す鯉八さん。
さらに磨きがかかっています。

スタンダードには見えないやり方ですが、誰もが納得してしまう高座。

同じモノを見ているはずなのに、常にその一歩先を先導しているのが、誰も置いていかない秘訣です。

ヨチヨチ歩いている我々を、暖かく見守る母親の様に。
手は差し伸べません。
付いてくるまで待っているスタンスです。
だからこそ、客席の集中力も高くなります。
本題に入る前には、鯉八フィールドで覆われる会場。

もう、これは怪物のやる事です。
見た目も大きい鯉八さん。
スケールの大きさは計り知れません!



snsボタン