2015年6月20日土曜日

仙台を舞台に、青と緑が乱舞する。



今回、私は初参加でした。
とにかくエージェントのレベルが高いです。
ゲーム面でのレベルではありません。
複数で戦略を立てたり、敵の裏をかいたり…。
mmorpgなんかではよくある光景ですから、今更驚きません。
何が高いのか。
人としての常識力です。

ゲームに夢中になると蔑ろにされがちな「一般性」これが平均的に高いのです。
年齢層の高さだけもあるでしょうが、ゲームに参加するために外出しなくてはならないという点が大きなウェイトを占めていると思います。

今回、オープニングアクトとレジスタンスの祝勝会に参加しました。
何でもありではない、しっかりと社会常識の範囲で同じ方向に進む心地よさ。

無法地帯では味わえない楽しさです。

ゲームですから勝ち負けはあります。
お互い本気でやり合うから面白いのです。

問題は勝負が付いた時です。
両軍が称え合う。爽快です。
Googleに乗せられているのかも。と、頭をよぎりますが、そんな事はどうでもいいと思える楽しさ。

そうです。
どこか運営してようとどうでもいいのです。
楽しいフィールドを用意してくれてる所に感謝できる余裕が欲しいですね。

その余裕を持ったユーザーが大半を占めているのがIngressなんだと思い知りました。

写真は台湾エージェントからのプレゼント。
台湾!


snsボタン